森永乳業のサプリメントとは

大正10年に育児用ミルクを発売して以来約100年、
「乳」のチカラを引き出す研究を重ねてきた私たち。
その研究開発力を活かしたサプリメントができました。
昔から慣れ親しんだミルクの温もりを、安心できる素材で。
これまでにない、やさしいサプリメントの誕生です。

森永乳業の研究

森永乳業は「おいしさ」や「健康」の価値を高める
さまざまな素材の可能性を追求し、
新たな価値をもった商品の開発を半世紀以上も続けています。


1953年: 中央研究所を開設
1971年: 日本で初めてビフィズス菌を乳製品に利用することに成功
1986年: 世界で初めてラクトフェリンを配合した育児用ミルクを開発

〈受賞歴〉

1984年: 乳製品へのビフィズス菌利用の研究で科学技術庁長官賞を受賞
1993年: ラクチュロースの製造法の開発で科学技術庁長官賞を受賞
2003年: ラクトフェリンの工業的な製造法の開発で文部科学大臣賞を受賞
2010年: ペプチドの研究開発で科学技術賞を受賞
2013年: 高菌数、高生残性ビフィズス菌含有ヨーグルト製造方法の技術開発で
日本農芸化学会農芸化学技術賞を受賞

Page Top