健康と素材の知識

腸内フローラは、ビフィズス菌にお任せ!

腸内フローラとは?
ヒトの健康や美容に大きな影響を及ぼす、
腸内にすむ細菌の生態系のことです。

腸内細菌はさまざまな疾病に関係しています。健康のためにも、腸内フローラのバランスを整えましょう。

善玉菌の主役!

ビフィズス菌はヒトの腸内に最も多くすむ善玉菌で、
その数は乳酸菌の100倍以上。
私たちのおなかに適した菌といえます。

続けて摂ろう、ビフィズス菌

ビフィズス菌は加齢とともに減少し、
悪玉菌が増加。継続的に摂取することが大切です。

太っている人と痩せている人の違いは腸内環境にありました。

デブ型腸内細菌とは?

ちょっと食べただけで太る人、いくら食べても太らない人、
いったいどこに違いがあるのでしょうか?
食事や運動も大切ですが、
実はその違いのひとつは腸内環境にあることがわかり、
今、注目を集めています。
実際に太っている人と痩せている人を比較すると、
腸内細菌の種類が異なっていたり、
実験で太っている人の腸内細菌を無菌のマウスに移植すると
脂肪が蓄積して肥満になってしまいました。
このような報告が相次ぎ、「デブ菌」と呼ばれる
腸内細菌がいることが明らかになってきました。

気になる肥満の原因は慢性炎症にあります。

食べ過ぎや運動不足、基礎代謝量の低下だけではなく、
実は、体の中の〝慢性炎症〟も
肥満の原因のひとつであることがわかってきました。
慢性炎症とは、
体の中で長期にわたり低レベルの炎症が続くこと。
そして肥満とは、体内の脂肪細胞が肥大化して
脂肪の蓄積が進むことで、
そこに深く関係しているのが、脂肪細胞の炎症です。
高脂肪食を摂取すると、腸管のバリア機能が破壊され、
炎症を起こす物質(LPS)が腸内から全身に流入し、
脂肪細胞の炎症を引き起こしてしまうことが報告されています。
この腸管から始まる慢性炎症を避けることは肥満を防ぎ、
健康を維持するためにもとても重要なのです。

病原菌やウイルスからからだを守るしくみが、免疫です。

私たちの生活環境には、
たくさんの病原菌やウイルスが存在し、
鼻や口などから体内に侵入します。
また体内では、毎日何千個ものがん細胞が
生まれていると言われています。
しかし、病気やがんにかからずにすむのは、
「免疫」というシステムが元気に働いているからです。
免疫力は成長とともに高くなりますが、
やがて、加齢とともに低くなり、
病気にかかるリスクが高まります。
また、免疫力は過労や心労などのストレスにより
低下するといわれており、
普段から免疫力が低下しないように
食生活や生活習慣に気を配ることが大切です。

免疫力と病気の関係

腸内細菌は免疫と深い関係があります

ビフィズス菌は加齢とともに減少し、
悪玉菌が増加。継続的に摂取することが大切です。

免疫との関係

免疫力を発揮するために働く細胞が「免疫細胞」で、
体内の免疫細胞の約60%が腸に存在します。
免疫細胞にはたくさんの種類があり、
「外敵を見つける」「外敵を攻撃する」等の
役割をそれぞれ持っています。
そして近年、腸内細菌が細菌ウイルスの
感染防御に関わる免疫機能に
大きな影響を及ぼすことが分かってきました。

ペプチド(特に、アミノ酸が2~3個結合)とはたんぱく質を、体内で吸収しやすい形にしたものです。

体内に吸収されやすいペプチドに分解された形で配合されているので、
体内で分解する必要がなく、
内臓に負担をかけることなく体内に吸収されます。

ペプチドの吸収性?

体内に栄養を吸収する際に、
ペプチドを吸収する専用の経路が腸管にあり、
ペプチドはこの経路を通過できるので、吸収が良い!
アミノ酸はアミノ酸を吸収する経路のみを使用するのに対し、
ペプチドは両方の経路から吸収されると考えられています。

Page Top